2020年12月30日

2020年のあーすわーむ

ツバメ130809-DSCF2521.jpg
ヨシ原の周辺に集結する、夏の終わりのツバメ
あーすわーむでは毎年5月に総会を行っていますが、
今年はネット上での総会となりました。
私たちが総力を挙げて本領を発揮する『生きもの探究教室』も、今年は中止。
環境教育では、軽井沢でのツバメのねぐら入り観察会だけが行われました。

ツバメ塒入り.jpg

それでも、浅間山の高山植物をシカの食害から守る対策、
浅間鳥獣保護区の更新に伴う受託事業、浅間山麓草原保全協議会での活動、
長野県内のアライグマの分布拡大の調査、万座温泉でのクマの調査や勉強会の開催、
池に移入されたフナの駆除など、けっこう忙しいまま、今年を終えようとしています。

2020シカ嬬恋牧場.jpg
どこでも増え続けるニホンジカ
さらに新戦力も加わり、来年はまたあーすわーむらしいパフォーマンスと
メッセージの発進を続けていきたいと思います。
20.12湯の平.jpg
高山植物を守るため、防鹿柵を管理している環境




posted by あーすわーむ事務局 at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

森林セラピー

DSC_0063.JPG
 あーすわーむメンバーの一人は、森林セラピストとしても活動し、経験豊富です。
 大学の演習林などを活用し、セラピスト育成の講義もしています。

 実際に林内で講習を行うことで、理論が実感できます。
 それによって、セラピストの役割が腑に落とされるわけです。
DSC_0066.JPG
 森林セラピーは、森林を科学的に理解できていなければなりません。
 同時に、心理学の知識が必要なことも、言うまでもありません。

 この道に関心を示し志す若者たちは、感受性も豊かですし、
生き生きと体験してくれるので、質疑応答も活発です。

 リスクマネージメントの考え方や備えも、社会に出る前の彼らにとって、
いろいろな場面で活かされることでしょう。
(文責 石塚)
DSC_0064.JPG

<あーすわーむトップへ>




posted by あーすわーむ事務局 at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

今年も、探究教室!

今夏も八ヶ岳山麓で、東京の中学生250名に
「生きもの探究教室」のプログラムを行いました。
unnamed.jpg
水田や川岸で、キリギリスの鳴き声をカウント。
動物の行動を測り、その行動が進化した理由を考えます。


連続4日はハードですが、先進的な学校の姿勢と、
体験して吸収する意欲のある生徒たちを前にすれば、
私たちもやる気が出ます。

雨の日は、カブトムシの標本や動物の頭骨を計測し、
「なぜ、こうなったの?」を考えます。
unnamed-2.jpg

晴れの日は、植物や昆虫を題材に探究し、
ポスター発表へ。
文化祭でもポスターが発表されました。

あーすわーむオリジナルのプログラムが、
中学一年生の課外学習の目玉になっています。unnamed-5.jpg



posted by あーすわーむ事務局 at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする